TOP > Q&A > 

反対咬合(受け口)について

もどる

反対咬合の治療開始時期はいつが良いですか

現在、矯正歯科医では、反対咬合の開始時期に関しては2つの考え方があります。

(1) 3~4歳から、なるべく早く治療を開始する。
(2) 前歯の永久歯が生え変わってから。


その2つとも一長一短があり、論争の絶えないところです。 よって、治療をする矯正歯科医よって、治療開始時期の説明が違ってきますので、患者様がとても混乱し、不安を感じていることが多く、そのため歯科医師はそのことを十分に患者様に説明する必要があると思います。

(1) 3~4歳から、なるべく早く治療を開始する場合の利点・欠点

早期に治療を開始したほうが、楽に簡単に治療でき、逆の噛み合わせを正常の歯並びに治療すれば、その後の顔面骨格の成長を良い方向に向けることができるという主張です。
噛み合わせを逆のままにしておくと、下顎の骨がどんどん成長してしまう状態が続きます。 下アゴの骨が取り返しのつかない程、大きくなってしまう前に、逆の噛み合わせは治しておくべきであり、年齢を重ねるほど骨格のズレが大きくなるので、早ければ早いほど、ご本人の負担は軽くて済むという考え方です。
この時期から治療を開始する場合の代表的な矯正装置はムーシールドという装置で、取り外しの出来るマウスピースのような矯正装置です。 しかし、永久歯が生え変わる時に、少ない確立ですが正常な歯並びに自然治癒することがあり、それを見極めてから矯正治療を始めても遅くはないという反論があります。

(2) 前歯の永久歯が生え変わってから行う場合の利点・欠点

反対咬合は、少ない確立ですが自然治癒する可能性があるので、前歯の永久歯が生え変わってから矯正治療を始めるべきだという主張です。
この論争はしばらく終息することなく続くことが予想されます。 よって矯正治療を始める歯科医院での説明をお聞きになり、判断した方が良いでしょう。 もし説明に納得できなければ、別の歯科医院でセカンドオピニオンを聞くのも解決方法の1つです。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ