TOP > Q&A > 

反対咬合(受け口)について

もどる

受け口は永久歯が生え変わってから治療を開始すると言われましたが、何もしなくて大丈夫ですか

保護者様が早期に治療をご希望の場合は、取り外しの出来るムーシールドという装置で、治療することができます。
反対咬合をそのままにしておくと、顔面の成長発育に悪影響があり、成長とともに悪化していくと言われています。
そのため早期に矯正治療を開始して、アゴのズレが小さい幼少期に反対咬合を治す方法として考案されたのが、ムーシールドです。

反対咬合を放置することによって、顔面骨格が悪化することが心配なようであれば、ムーシールドの矯正治療をお勧めします。 またセカンドオピニオン(意見)を求めることも良いでしょう。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ