TOP > Q&A > 

反対咬合(受け口)について

もどる

本人は気にしていないんですけど、反対咬合は治した方がいいのでしょうか

反対咬合の患者様で、ご本人が気になるようになるのは、小学校高学年から高校生くらいです。 この時期になってしまうと、思春期の成長スパートに入り、大きく骨格のズレが出てしまうことがあります。 結局本人が気にしてから矯正治療を開始すると、治療が大変になるだけでなく、外科手術が必要になってしまうくらい、アゴのズレが大きくなってしまうことがありますのでので、そのことをよくお考えになって矯正治療をするかどうかを決めてください。 患者様本人が低年齢で、反対咬合を気にしていなくても、保護者様が気になる場合は、治療を行うべきだと思います。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ