TOP > Q&A > 

反対咬合(受け口)について

もどる

どうして反対咬合は治した方がいいのでしょうか

反対咬合が原因で体調が悪くなることはありません。
気になる症状としては、

・成長発育がある方は、治療しないで放置しておくと、下のあごのズレが、大きくなる傾向がある。
・サ行、タ行の発音に特徴的な舌足らずのしゃべり方になる。
・食べ物が食べ難いなどの症状が出ることがある。


しかしそのことを気にする患者様はあまりいません。
反対咬合の患者様は歯並びや顔の形にコンプレックスを感じていることが驚くほど多いのです。 将来的に患者様が反対咬合をコンプレックスに感じてしまう可能性は高いので、反対咬合は早期に治療すべきだと思います。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ