TOP > Q&A > 

歯科医院の選び方

もどる

日本矯正歯科学会・認定医とは何でしょうか

日本矯正歯科学会・認定医とは、日本矯正歯科学会が行っている資格制度の一つです。
しかし認定医を持っていなくても、矯正治療を行っている歯科医師も多くいます。
矯正歯科治療は歯科医師免許を持つ歯科医師であれば法律の規制なく、治療を行なうことが出来ます。
では歯科医師は大学歯学部在籍中に矯正治療が出来るくらいの十分な教育を受けてきているのでしょうか。
もちろん大学歯学部では、矯正治療に関する講義を受けますが、実際に歯科医師が大学卒業直後に治療が出来るようになるには程遠いのが現状です。
そのため、矯正治療を学びたいと考える歯科医師は、大学付属病院にて、矯正歯科の研修を受けることにより、技術を習得していきます。
すでに歯科医師免許を持っているので、大学病院のベテラン歯科医師である指導医による研修を受け、実際に治療を行いながら矯正治療を学んでいくことになります。
大学を卒業してから、再度大学病院で学ばなければならないので矯正治療を行なうことが出来る技術を学ぶには、大学歯学部卒業後に多くの年月を必要とします。


また大学付属病院で、矯正歯科の研修を受ける歯科医師が、必ず所属する学会が日本矯正歯科学会という学会で、所属する大学付属病院矯正科だけでなく、日本全国はもちろん世界中の矯正治療技術や研究論文を勉強することにより、日進月歩である矯正歯科の情報を得るようにしていくのが通常です。


日本矯正歯科学会認定医を得るための条件は以下の通りです。
●日本矯正歯科学会が認めている医療機関に5年以上、常勤で勤務していた。
●自分自信が執筆した論文があること。
●自分自信が治療した症例を提出し、学会の審査で合格すること。
日本矯正歯科学会の認定医を取得するには、以上の厳しい条件をクリアする必要があるので、認定医を取得している歯科医師は、矯正治療を行うことが出来るように、充分な教育を受けてきたということの証明でもあります。

日本矯正歯科学会では、認定医以外に、指導医と専門医という資格制度があります。


日本矯正歯科学会指導医とは
大学付属病院矯正科で、ある程度の業績がある歯科医師に与えられ、卒業直後の若手歯科医師を指導する資格です。
この資格を得るには、大学付属病院にて3年以上の教育歴が条件となります。


日本矯正歯科学会専門医とは
認定医よりも、厳しい条件と学会の試験を受けることにより得ることが出来るので、矯正治療技術の優秀性を評価する資格です。
学会在籍期間が10年以上と、認定医を取得していることが受験資格ですが、合格率は50%以下と厳しい審査を合格しなければなりません。


日本矯正歯科学会以外の学会でも認定医制度を行っている学会もありますが、日本矯正歯科学会認定医とは、全く違うものと考えてください。


ご自宅から近い認定医・専門医を探すには日本矯正歯科学会ホーム・ページを参照してください。

この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ