TOP > Q&A > 

歯科医院の選び方

もどる

矯正治療を受けるにあたって、高い技術を持っている歯科医師の選び方を教えてください。

患者様が、どの歯科医師の技術が高いかを判断するのは、非常に難しいことだと思います。
また歯科医師免許を所有している歯科医師であれば、だれでも自由に矯正治療を行なうことができるので、矯正治療を受けることが出来る歯科医院は数多くあり、どちらの歯科医院で矯正治療を受けるか、悩むところでもあります。

高い技術を持っている歯科医師を探すには、日本矯正歯科学会の「認定医」や「専門医」の資格を持っていることを基準に考えてください。
歯科学会には、矯正歯科学会や、小児歯科学会、口腔外科学会など、多くの種類があります。
同じ歯科医療であっても、矯正歯科や口腔外科などのように、専門性の強い分野では、各学会が独自に、治療技術や研究成果などを評価し、「認定医」や「専門医」として認可をして、歯科医師の技術を評価する制度がありますが、その運営方法は各学会により違っています。

矯正治療を専門に行なう歯科医師は、通常は日本矯正歯科学会に所属しており、その日本矯正歯科学会の「認定医」「専門医」を持つ歯科医師であれば、学会の厳しい審査を通過したことを証明することでもあるので、最も歴史があり所属人数の多い矯正歯科学会の評価を受けた歯科医であるといえます。


日本矯正歯科学会とは
日本で最も古くて所属人数が多い矯正歯科に関する学会です。矯正歯科に関する学会は数多くありますが、日本矯正歯科学会は、例えると江戸時代の徳川幕府のような存在であり、矯正治療を行っている歯科医師であれば、ほぼ全員が所属している学会です。
開業医の歯科医師はもちろん、大学矯正歯科に所属している歯科医師や大学教授も所属しており、矯正治療に関する研究発表だけでなく、若手歯科医の教育なども管理しており、会員数約6000人という、大変大きな規模の学会です。


日本矯正歯科学会認定医とは
大学病院や臨床研修施設として学会が認定した医療機関に5年以上の勤務暦があり、論文の執筆と学会が認めた数以上の治療経験が受験資格となり、実際に治療した症例を報告し、学会の審査に合格した歯科医師が認定医として認められます。
また一度取得しても、5年に一度更新が必要で、学会の出席や症例発表が義務付けられています。
ですから認定医を取得している歯科医師は、研修施設で矯正治療の研修を十分に受け、指導する歯科医師から独立して矯正治療を行なうことができる技術があると考えていいでしょう。


日本矯正歯科学会専門医とは
認定医より、さらに厳しい審査基準で選定され、2011年現在268名の歯科医師しか取得していません。
受験資格は、学会の所属暦が10年以上と認定医を取得していることで、さらに学会が指定する症例を提出し、審査に合格すると専門医として認められます。
この試験を受けることだけでも、厳しい条件をクリアしているということがいえますが、合格率は50%以下と審査は大変厳しく、あらゆる学会の専門医試験の中でも、取得するのが難しい資格制度だと思います。
このことから日本矯正歯科学会専門医を取得している歯科医師は、高い技術を持つだけでなく、学会の厳しい審査を受けるというチャレンジング精神を持ち、日々努力を怠らない真面目な歯科医師といえるでしょう。


しかしながら、その歯科医師の治療経験が多くても、論文や学会発表をたくさんしても、認定医の資格のない優秀な矯正歯科医師はたくさんいます。
あくまでも一つの目安として考えてください。


日本矯正歯科学会認定医・専門医を取得している歯科医師と所属医療機関は、日本矯正歯科学会ホーム・ページから検索できます。

この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ