TOP > Q&A > 

一般的なご質問

もどる

舌の癖について教えてください

舌癖(ぜつへき)舌の癖は「舌癖(ぜつへき)」と呼ばれています。
舌癖とは無心の状態の時 ・ポカ~ンと口が開いて、上下の歯の間に舌が出てしまう ・舌が前歯を押している ・食べ物を飲み込むときに歯を強く押している といった癖の事を指します。

写真は舌が下の前歯を押し出して、上下の歯が反対に噛んでいる状態です。 正常な方は、食べ物を飲み込むときに、舌の先は、上の前歯の少し後ろの位置に付けて、歯を押さないで飲み込むことが出来ます。
舌癖のある場合は、食べ物を飲み込むときに、舌で歯を強く押し出してしまうので、無意識に舌で歯を悪い方向へ、動かしているのです。
ですから舌癖があると、歯並びが悪くなったり、矯正治療で一時的に治しても、すぐに戻ってしまうことがあります。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ