TOP > Q&A > 

一般的なご質問

もどる

矯正装置がよく壊れてしまうのはどうしてでしょうか

矯正装置は歯に接着剤で固定するのですが、この接着が剥がれて装置が外れたり、ワイヤーが折れたり、装置から抜けてしまうことがあります。
正直全く壊れない患者さんが多いのですが、壊れてしまう患者さんは、比較的何度も壊れてしまうことがあります。


個人差が大きいと考えられますが、どうしてでしょうか。


食べ物を噛む力は、大変個人差が大きく、噛む力が弱い患者さんは装置を壊しにくいですし、強い方は壊れやすいでしょう。
装置を無意識に舌や指で動かしてしまうと、金属疲労がたまって、金属が折れてしまうことがあります。

また患者さんの歯の質によって、接着強度の強い方と、弱い方がいると考えています。


装置の付け始めは壊れやすいと考えています。
患者さんも慣れていないこともありますが、最初は弱い力で動かすので、強度を強くできないのです。
最近の装置は痛みが少ないので、硬いものを噛んでしまうことが多いように思います。
また、いずれ外す装置なので、強く接着できないので、壊れることが多いです。
硬い食べ物が好きな患者さんは、強く力が加わるので装置が外れやすいでしょう。


矯正装置は、とても壊れやすく出来ています。
ですから矯正装置が壊れても、すぐに治してくれる歯科医院を選ぶべきでしょう。
月に一回しか診療日がない歯科医院では、装置が壊れた時の対応はどのようにしてくれるのか、必ず聞くようにしましょう。

この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ