TOP > Q&A > 

一般的なご質問

もどる

歯を抜かない矯正治療って、前歯が前方に出ると聞いたことがありますが、大丈夫でしょうか

歯を抜いて治療をするか、抜かないで治療するかは、患者さんの顔面骨格と歯並びの状況によって判断しますので、抜かない矯正治療が全て悪いとはいえません。
しかし最近では歯を抜かないということを前提に矯正治療を行うという説明をする歯科医院が増えてきました。
また実際に抜かないで治療をした患者さんからの話を聞いて、抜かない矯正治療に強い不安を感じる患者さんも多くいます。


当院で矯正治療の説明をするときに、抜かない治療に不安を感じる方が多いのに驚かされます。
「歯を抜かないで矯正するのは、悪いこと」ということが勝手に一人歩きしているように感じますし、我々矯正歯科医が、懇切丁寧に分かりやすく説明することが重要かと考えています。
矯正治療を十分に勉強している矯正医であれば、横顔のレントゲン写真から、抜く抜かないを判断し、判断した理由やメリット・デメリットを分かりやすく説明してくれるはずです。


抜かない矯正治療は、担当する矯正歯科医によって判断が変わることがありますので、疑問に感じましたら、以下のように質問することをお勧めします。
「歯を抜かないで矯正治療をしたら、前歯が前方に出ますか?出るとしたら、どれくらい出ますか?」
「歯を抜かないで治療したら、口元が出て、横顔のバランスが崩れることはありませんか?」
「抜く治療と抜かない場合の治療結果の違いは何でしょうか?」
「抜かないことによるデメリットはありますか?」
以上の質問をして答えられない場合や、感情的になって「黙って俺の言うことを聞けばいい」という態度の歯科医師であれば、信頼できないと思います。


また、これらの質問に納得のできる説明をする矯正歯科医であれば、信頼して大丈夫だと思います。
やはり矯正専門で治療を行っている歯科医師や、日本矯正歯科学会の認定医や専門医を取得している先生に相談していただくことを強くお勧めします。
通常であれば、横顔のレントゲン写真から判断しますので、横顔のレントゲン撮影をしない歯科医院で、抜かないで治療することは、私の子供だったら絶対にさせません。


私の矯正治療では、抜かないで矯正治療をする割合を多くしたいと考えることはありますが、全ての歯並びを抜かないで治療することは、絶対に不可能だと思いますので、「抜かない矯正治療」ということを強調することはありませんし、また「抜かない矯正治療」を否定するつもりもありません。
繰り返しますが、あくまでも患者さんの顔面骨格および歯並びの状況と、患者さんが「どのようには並びを治したいか」ということによって、判断していくことが重要だと考えています。


患者さんの歯並びによっては、抜いて治療することと、抜かないで治療することの両方が出来ることが多くあります。
その場合のことを例えて説明しましょう。

治療の説明を何もせずに、抜く治療と抜かない治療どちらがいいですか?と聞くと、
多くの患者さんが「抜かない治療がいい」と答えます。当たり前ですよね?

でも両方の治療方法を比べると、治療後の歯並びが大きく変わってきます。
歯を抜かないで治療を行うと、デコボコは並びますが、前歯の位置を後方に移動することが、難しくなります。
歯を抜いて治療する場合は、抜いたスペースを利用して、前歯の位置を後方に移動することが可能になります。

つまり、「抜く」「抜かない」で、矯正治療後の前歯の位置が異なりますので、どちらがいいのかを基準に判断していきます。
ですから、どちらがいいのかは、患者さんの歯並びと顔面骨格によって判断されるべきなのです。


患者さんが前歯が出ているのが気になって、前歯を後方に移動することを希望する場合は、抜いて治療する可能性が高くなります。
「歯を抜かないで前歯を後方に移動する」と、治療計画の説明を受ける場合もあると思います。
もちろん抜かないでも前歯を後方に移動出来る場合もありますので、ご納得できるまで説明を聞くことです。
その場合も、
「抜かないで、どれくらい前歯が後ろに移動しますか?」
「抜いた場合と比べて何が違うのか?」
ということを聞くようにしましょう。

この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ