TOP > Q&A > 

矯正治療の進み方

もどる

保定期間ってなんですか

矯正治療で葉を並べた後は、歯が元の位置に戻ろうとして、自然に動いていきます。
それを後戻りと言います。
後戻りを防ぐために、リテーナーという装置を使用して、歯の移動を押さえておく期間を保定期間といいます。
具体的にはワイヤーを使用するマルチブラケット装置による矯正治療が終了しましたら、リテーナーという装置を使用します。
リテーナーには以下の写真のように数種類あります。
使用時間は患者様の症状や歯科医院の考え方によってことなります。
この装置を使用する期間は1~3年程度ですが、歯はその後でも後戻りする可能性がありますので、なるべく長期間使用することをオススメします。

ワイヤーが付いたリテーナー 薄いマウスピースタイプのもの 裏側からワイヤーで固定するもの
ワイヤーが付いたリテーナー 薄いマウスピースタイプのもの 裏側からワイヤーで固定するもの
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ