TOP > Q&A > 

矯正治療の進み方

もどる

まだ乳歯が残っていますが、矯正治療は何歳になったら始めればいいのでしょうか

歯並びの症状によって治療を開始する時期は異なります。
ご自信で判断するのは危険ですから、気になった時点で歯科医院に相談に行くことが大切です。特に受け口・反対咬合は早期に治療を開始しなければならないことがあります。
保護者様ご自身が、治療開始時期を決めるのは、重要な不正を見逃すことがありますので、好ましくありません。

この時に注意を要するのが、矯正治療を行っていない歯科医院で治療時期を質問するのではなく、これから矯正治療を始めようと考えている歯科医院もしくは、矯正専門開業医で質問する様にしましょう

次に注意したいのが、担当する歯科医師によって、治療開始時期の判断が異なりますので、信頼できる歯科医師に説明を受けるようにして、説明にご納得できる歯科医院で治療を開始することも大切です。 アメリカ矯正歯科学会では「7歳までに歯並びと咬み合わせのチェックを!」と呼びかけています。 お子様の咬み合わせについて不安を感じたらお近くの矯正歯科を専門とする医師にお気軽にご相談ください。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ