TOP > Q&A > 

矯正装置について

もどる

矯正装置はどのようにして歯に付けるのですか

歯に装置を付ける方法は2種類あります。多く使われるのは接着剤を使用し歯に接着する方法で、歯科治療で使用される専用のものを使用します。
この接着剤は日本人が開発し、世界中で使用されるようになりました。接着剤を使うので、歯に穴を開けることはありません。

矯正装置次にバンドを使用する方法があります。 これは歯に金属のベルトを巻き、ベルトと装置を金属同士の溶接を行って接着しています
装置とベルト(バンド)は接着していますが、歯とベルトは、例えば指と指輪の関係のように、しっかりと固定されます。 この場合も歯を削ることはありません。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ