TOP > Q&A > 

矯正装置について

もどる

マウスピース矯正治療ってなんですか

マウスピース矯正治療とは、薄いプラスティックを歯に装着することにより、歯を動かす装置です。 マウスピースと似ているので、マウスピース矯正と呼ばれることがあります。
写真の通り、透明な装置なので、ほとんど目立ちません。 残念ながら、わずかなデコボコや、歯と歯の間に少し隙間が開いている歯並びなど、比較的治療が簡単な歯並びしか治療することが出来ませんが、今後の装置の進歩発展により、適応が広がっていくと考えられています。
装置にはインビザライン、アクアライナーというものが代表的なもので、使用方法はほぼ同じです。

使用方法

マウスピース矯正では、装置を一日20時間以上装着し、2週間毎に新しいマウスピースに交換しながら歯を徐々に移動させていきます。 マウスピース矯正だけでは、歯の移動が難しい場合は通常のワイヤーを使用した矯正等と併用する場合もあります。

マウスピース矯正の欠点

取り外しが出来るのが最大の欠点です。
例えば、
・忙しくて3日間くらい装置を付けていなかったということがあれば、今までの装置は合わなくなり、また歯型を取り直す必要があった。
・インフルエンザにかかり装置を1週間ほど付けなかった。
・装置を無くしてしまって、1ヶ月以上経過してしまった。このように、マウスピース矯正装置を絶対に使い続けるという堅い意志が必要です。 またそれ以外の欠点としては従来の矯正装置とほぼ同じです。
・少し喋りにくくなります。通常1週間から2週間程度で慣れます。
・インビザラインを装着した後、歯に痛みを感じることがあります。
・しっかりと歯ブラシをしないと、虫歯になりやすくなります。
・装置を付けることにより唾液が普段より多く出ることがあります。
・装置により歯肉や頬粘膜に傷が出来ることがあります。
・今までの矯正治療と同じようにワイヤーを使用することが多いのも事実です。

ワイヤー以外にも、ゴムを使用したり凸型状の突起を歯に接着することがあります。
この記事について質問する

Pagetop ↑

Q&Aカテゴリ

無料オンライン相談

オンライン相談歯列矯正治療に関するお悩みに、院長の斎藤がお答えします!
ご相談はこちら

納得!歯列矯正治療がわかる
DVD&小冊子

オンライン相談 矯正治療の実態は?このDVDと小冊子をご覧になれば分かります。
詳細を見る

さいとう矯正歯科クリニック

京急久里浜・JR久里浜駅そば
横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
ご相談・診察予約は下記まで
046-830-1388

診療所ホームページ